デスノート l 本名 映画

Feby 8, 2020
デスノート l 本名 映画

デスノート l 本名 映画

L(エル)は、漫画『DEATH NOTE』の探偵 。

デスノートに登場する「l(エル)」は、本作のもう一人の主人公という立場にいるキャラクターです。かなり変わった性質を示すので、最初は気味悪がられましたがカリスマ性が高いのでファンが多くなりました。そんなlですが、壮絶な最期を迎えたのをご存知…

lがデスノートで殺された時も、結局死神のレムがしたことなので、ライトはlの本名がわからず終わっているはず。 記憶を失う前の弥海砂はLの本名は知っていましたが、記憶が一度なくなり、またデスノートを触って記憶が戻った時には忘れていました。

しかし、実写映画は第 13 巻発売前の公開で、l の本名が書かれたデスノートは一部しか映らなかったため、同じ名前の設定になっているのか分かりません。

『デスノート』は、漫画『death note』を原作とした2006年に公開された日本映画。丸の内ピカデリー3他全国松竹系にて公開された。全体的なストーリーは原作の第一部と第二部の結末をベースに脚色したものとなっている。

また13巻には、Lのプロフィールも掲載されている。本編では明らかにされなかった本名がわかるというわけだ。(※映画『L change the world』では明かされている)このプロフィールによると、本名は「エル=ローライト(L. Lawliet)」。

デスノートをしっかりみていない人にとっては謎の多い人物だと思います。 今回はそのニアとメロの性別や年齢などや二人の最後について言及していきたいと思います。 ニアとは? ... デスノートでlの本名や年齢など正体を紹介! ...

デスノートに登場するlは天才的な頭脳を持った探偵です。デスノートのメインキャラクターであり、キラである夜神月をギリギリのところまで追い詰めました。ファンに人気のキャラクターでもあり、実写映画では彼が主人公のスピンオフも製作されています。

実写映画版ではデスノートに自ら名前と状況 心不全で23日後に安らかな眠りの中で死亡 を書いたため、その通りになりました。 これはキラである月がlの名前を書く前にlが自分の名前をデスノートに書くことによって、夜神月に殺されることを防ぎました。

今もなお、絶大な人気と根強いファンを持つ漫画「デスノート」には、魅力的なキャラクターが数多く存在します。その緻密なストーリーを展開させていくために、散りばめられたキャラクターの一人が、lの後継者となったニアです。ニアは、デスノートの第2部で登場します。

2008

デスノート l 本名 映画