夢野久作 変態

Feby 8, 2020
夢野久作 変態

夢野久作 変態

底本:「夢野久作全集3」ちくま文庫、筑摩書房 1992(平成4)年8月24日第1刷発行 底本の親本:「日本探偵小説全集 第十一篇 夢野久作集」改造社 1929(昭和4)年12月3日発行

底本:「夢野久作全集8」ちくま文庫、筑摩書房 1992(平成4)年1月22日第1刷発行 底本の親本:「瓶詰地獄」春陽堂 1933(昭和8)年5月15日発行 ※「気持」「気持ち」の不統一は底本のママとした。

幻想怪奇な作風で知られる文豪・夢野久作、本名・杉山泰道。ペンネームである夢野久作は彼が自らの小説を父親に見せた際、「夢の久作の書いたごたる小説じゃねぇ」と言われたことに由来する。尚、「夢の久作」とは昔の福岡の方言で「夢想家」を指す呼称である。

この世には、想像もつかないような奇妙で怪奇、猟奇的で狂気に満ちた世界を生み出す奇才たちの本がたくさんあります。ここではそんな奇書の中から日本三大奇書をはじめ、おすすめ作家、おすすめ奇書など計60作品をご紹介しています。

また変態性欲、エログロなど夢野久作の得意とするテーマが多く登場するので、夢野久作ワールドと呼ばれる独特の世界観を楽しめる。 そこに至るまでに待ち受ける「胎児の夢」などのシーンはファンの間でも賛否両論なので、頑張って読んでみるのもアリ ...

久作の『ドグラ・マグラ』執筆時期と、したが、実際に久作が狂人の言を参考に小説を書いていたならば、が書いた狂気の世界で、文学者が書いた狂気の世界ではない」と評 『変態心理』 『変態性欲』の隆盛時期が重なることから、本稿では「狂

なんかちょっと変態ちっくな作家が多い時代な気がする. でもそれがちゃんと文学として成り立ってるのがまた面白いとこなんだけど. 和洋折衷な時代感もおしゃれだよね. 夢野久作の他の作品も朗読してもらえたら嬉しいな. 素敵な朗読ありがとうございました

非常に多くの要素、多くの文体(一人称・三人称・シナリオ風・古文・漢文・論文・新聞記事など)を含んでいて、それはそれだけ多くの解釈を許容するということを意味する。これは確かに巷で囁かれるとおり、再読するごとに違った読後感を得られるのかもしれない。

表紙を友達に見られて変態扱いされたりな。そんななかめげずに夢野久作にも米倉斉加年にもハマった中学生が俺。当時はどうしてこの人の絵の魅力が友達には分からないんだと疑問に思ったものだ。

小説」の名称は広義に使用されたため、≪変格≫には、犯罪、怪奇、冒険、幻想、空想科学、変態心理物、を、含んでいた。 この「新青年」か らも、続々と新作家が登場したが、江戸川乱歩をはじめとする純粋謎解き的作風を主とするものは少数であった。

夢野久作 変態